今年の手帳は

秋口から長いこと「手帳どうしよう病」を患っていましたが、ようやく治まりました。

今年は持ち歩きの手帳で細かいスケジュール管理はしません!
今のところは家でチェックすることがほとんどなので、フリー提供のスケジュールをA4のコピー用紙に印刷することにしました。

月間スケジュール
選んだのは書き込みできるカレンダータイプ。

こちらのサイトからお借りしました。
pdf de calendar : http://pdfdecalender.seesaa.net/

今回はA4サイズをお借りしていますが、もとはシステム手帳のミニ6穴からたどりついたサイトです。
ほぼ日手帳の1日1ページにあこがれた時期がありまして、
(好みのデザインなカバーもあって、尚更 惹かれました > ファブリック・ボタンステッチのストライプ
でも使いこなせる自信がなくて + リフィルの抜き差しになれていて持ち歩くのが面倒になりそうと、ほぼ日タイプでリフィルはないかな?と探していたのがきっかけです。

試しに1日1ページタイプを無地のリフィルに印刷して11月を過ごしたのですが、書き込む日とそうじゃない日が極端で1ヶ月持ちませんでした。
なるべく手軽に低予算に、長続きできることが理想なので、今回ほぼ日手帳はあきらめることに。
で、極端から極端へ、今度は見開き月間へ気持ちが動いたのですが、ミニ6穴では書き込み欄が小さくて物足りない…。
悩みに悩んだ末、今のA4サイズに落ち着きました。

月間お試し
すでに12月分を試して、このタイプのほうが今の私には合っていると確信。
日々の出来事はあれこれ書かず、ToDoリストに使います。

ただ、ほぼ日手帳風リフィルを試していたころの24時間バーチカルは便利だったので、バーチカルは欲しい。
月間カレンダーに押し込めるのは無理…なので裏面に印刷しました。

24時間バーチカル
こちらも同じサイトからお借りしています。
日々の出来事はこちらに書きます。
びっしり書き込めるサイズのマスではありませんが単語でOKなので十分です。

方眼リフィル
システム手帳は無地のリフィルに適当に作った方眼を印刷して、自由ページや簡易ToDo、買うものリストに活用予定です。

今年の手帳ライフはこれでいきます!