札幌デザインウィーク2011

今年は地下歩行空間ができたことで展示の多くが集中していて気軽に見に行ける感がUPしてました。
休日しか行けなかったので平日の展示・イベントは残念でしたが、気になっていた円山動物園の爬虫類・両生類館のトークショウは聞けまして。開始前にヘビと触れ合える機会もあり、蛇さわり初体験しました。

蛇さわれました
私のカメラでは動くヘビを捉えられず…ブレブレです。

写真左の子を触りましたが、蛇って肌がすべすべ滑らかで素敵です。
カエルのようなヌメヌメを想像していたのですが、実際はさらさらのすべすべ。気持ちよかったです。
ちなみに、この子は尾のほうが少し肌荒れてるそうですが飼育員さん曰く、たまに自分の尾をエサと間違えて飲み込むのだそうです(笑) そして途中で自分の尾と気づいて吐き出す…を何度か繰り返しているとか。
可愛いです。

右の子は白蛇さん。
アルビノの蛇は珍しいので縁起が良いとされていますよね。あやかりたいものです。

飼育と建築それぞれの専門家から爬虫類・両生類館の魅力について語られるトークショウはとても興味深いものでした。 爬虫類・両生類館は5月に一度行ってまして、そのときも生き生きとした生態展示に心奪われてましたが、もう一度行くとまた違った視点から楽しめそうです。

ピクトグラム テビック
3団体合同パネル展では、幼稚園のピクトグラムのサインと、テビックという本の形をしたお店のデザインにメロメロでした。 特にお店のほうは本好きにはたまらないデザイン!お店自体は本屋さんではなくポップカルチャーを取り扱っているとのことですが、何てワクワクする形でしょう。実物を見てみたいものです。

4プラの「586枚のしあわせのハンカチ展」も見てきました。
見応えたっぷりなのは嬉しかったですが、壁面の展示以外は光で裏のハンカチが透けてしまい見えにくかったのは残念でした。仕切りの布はもう少し厚地のほうが良かったように思います。
サイトがありましたので見えにくかったデザインはこちらで補えそうです。
Handkerchiefs for Tohoku Children