ブローチの落下防止にピアスキャッチが使えます

猫ブローチと三角ブローチは、どの向きに回してつけてもOKなデザインですので「蝶タックピン」というタイプの留め金具を使っています。
ただ、蝶タックピンは、使い慣れないとキャッチの羽を強くつまんでしまい、針をつかむ力が甘くなって落ちやすくなるため、苦手に思う方もいらっしゃいまして。

※このあたりの解決方法はこちらの記事をご覧ください ≫ 蝶タックピンが外れやすいときは

蝶タックと通常のブローチピン、それぞれ好む方がいらっしゃいますので、最近は猫ブローチの金具も両タイプ用意するようにしていました。(三角ブローチはサイズの問題から蝶タックのままです)

イベントではそのことをお伝えしつつブローチを紹介していたのですが、ブローチ愛好家のお客さまから「ピアスのキャッチを使ったら落ちないのよ~」と、とっても素敵なアドバイスをいただきました!

ピアスのキャッチ!
凄いです!イヤリング派なこともありまして全くの盲点でした。
しかもキャッチは100均でも売っているとのこと。

試しにこちらのシリコンキャッチを買ってみました~。
100均のシリコンキャッチ
普通にシンプルな丸型が欲しかったのですが、花型とハート型の2択でしたので花型を選ぶことに。

蝶タックとキャッチの高さ比較
このシリコンキャッチ、高さが蝶タックの隙間にピッタリです。
ピッタリ過ぎまして、このままでは羽キャッチがしっかり留まらない心配もありましたので、ハサミで半分にカット!

キャッチを半分にカット
ちょっと切り方がへたっぴで波打っていますが、半分サイズでもホールド感はバッチリです。

ピンに対して、ゆるくもなく、きつ過ぎもせず、ストッパーの役割をはたしてくれています。
羽キャッチを外して、布地を逆さにしてもブローチが落ちません~。
キャッチをストッパーに

もちろん、通常のブローチピンの落下防止にも。
キャッチでブローチが落ちない
何かの拍子でうっかりピンが外れてしまっても、シリコンキャッチがストッパーになってくれます。

今後ブローチのおまけで毎回つける…のはちょっと難しいため、
必要な方は、お手持ちのピアスキャッチを活用されたり、100均やアクセサリー店等で各自お買い求め願いたいのですが、 お気に入りのブローチを落としたことがある~という悲しい過去をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度お試しくださいませ♪